宮城県山元町 普門寺

c0327752_11082454.jpg


c0327752_11084775.jpg




c0327752_11091837.jpg
 慰霊碑を建てたのではない。自然に慰霊碑になっていった。震災直後、散らばっていた瓦礫や砂のなかに混じっていたお骨を積み上げ、寺で被災したお地蔵さまを重ねていったら砂山ができた。そこに観音様を乗せた。元々は「骨塚」である。学生ボランティアたちがふるいでお骨と砂を分けて、お骨を観音様の足元に納めた。この地域で被災した家の庭石などを集めて、崩れないように土留めにした。慰霊塔は出入りの石材店が寄贈してくれた。お地蔵さまは、たくさんの人が亡くなった旧山下駅前で毎年3月11日に鎮魂の祈りを捧げている檀家の方々が納めてくれている。いずれは塚の上が全部お地蔵さまで埋まるのだろう。まだ完成してはいない。地域の人たちの思いが積み重なって、これからも変わっていく慰霊碑だ。塚の右側には、震災で命を落とした動物たちも眠っている。
 震災後、常磐線から海側は立ち入り禁止になった。建替え中だった普門寺も解体が決定していた。片づけをしていたところにやって来たボランティアたちと一緒に活動するうちに気が変わった。今建っている建物は、彼らと一緒に全部手造りしたものだ。町のボランティアセンターとは別に、「お寺災害ボランティアセンター」略して「テラセン」を立ち上げ、その活動は今も続いている。
 近くにあった養護老人ホーム「梅香園」で約70名が犠牲になった。その場所は整備事業で慰霊碑が建てられないため、平成29年3月11日に寺の向かい側に建つことになっている。寺に限らず、慰霊碑は様々な場所にある。
(慰霊碑の説明文からお借りしました)




c0327752_11112401.jpg



c0327752_11120338.jpg

津波で犠牲になられた動物の慰霊碑もありました



c0327752_11132743.jpg





c0327752_11144690.jpg




c0327752_11155077.jpg





c0327752_11185854.jpg

三味線をもってみたいと言うお寺の子供さん
(三味線を弾く許可を頂いています)




c0327752_11205982.jpg


粘土で作られたお地蔵さんを見つめていますと
心が和みます

御冥福をお祈りしてまいりました


c0327752_11220549.jpg





c0327752_11240986.jpg




c0327752_11254740.jpg




c0327752_11272644.jpg

赤い矢印のところまで津波が来たとの事です
壁の色が違うのは、直されたあとです







[PR]
by nobuyuuta | 2018-05-10 11:31 | 車・お出かけ・旅日記・バイク

青い海が好き♪人生山あり谷ありですが立ち止まっている時間はありません。食べネタ多し!!


by ごまめ